文字をデザインする

スポンサードリンク

オリジナルの文字デザインを考えるときは、直線が引きやすく、間隔や大きさを揃えやすい方眼紙を使いましょう。
文字は正方形の枠に収まるように作ります。
枠の大きさは縦・横5センチメートルぐらいが使いやすいでしょう。
文字を描くときは、それぞれの文字が枠の中央になるようにし、線の太さも同じぐらいになるようにするときれいです。
最初は鉛筆で文字の形を描いて形を決めます。形が決まったらペンで線を入れます。 この時は、定規などを使ってきれいな線で書きます。 曲線部分は雲形定規を使うときれいな線にできます。

文字のデザインにお奨めな方眼紙は、25mmと50mmの補助線が入った5ミリ方眼紙です。

文字デザイン用5ミリ方眼紙

下記リンクから楽天市場の商品ページに移動できます

文字のデザイン・書体のフシギ
最初は数字やアルファベットのオリジナル文字を作ってみましょう。
慣れてきたら、ひらがなやカタカタ、漢字のオリジナル文字にも挑戦してみましょう。
オリジナル文字をパソコンのフォントにすることもできます。
パソコンでオリジナル文字が使えるといいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク