引越し先レイアウト

スポンサードリンク

引越し先での家具の配置はとても気になるところです。
事前に確認して位置を決めておけば引越し作業もスムーズに進みます。
引越し先が決まったら家具のレイアウトをぜひ決めておきましょう。
引越し先の家具のレイアウトを考える時は方眼紙を利用すると便利です。
5ミリ方眼紙がお奨めです。縮尺を100分の1とすると1マスが50センチメートル、 2マスで1メートルとなります。

引越し先レイアウト用5mm方眼紙(A4サイズ縦)

引越し先レイアウト用5mm方眼紙(A4サイズ横)

下記リンクから楽天市場の商品ページに移動できます

引っ越し準備からトラブル解決まで、困ったときに役立つラクチン家事ガイド

まずは、部屋の大きさを方眼紙に描きます。
ドア・窓のサイズやコンセント、TVアンテナ、電話・インターネット線、ガス栓などの位置も記入しておきましょう。
次に家具の大きさを調べ同じ縮尺で紙を家具の形にカットします。
カットした家具を方眼紙に並べてレイアウトを考えます。
家具の縮図の長さの計算が面倒であれば縮尺100分の1とすれば、1メートルが1センチメートルになります。
例えばテーブルの幅が0.7メートルなら、0.7センチメートルになります。
レイアウトするときには、ドアの近くではドアが家具に当たらないようにする、窓の前はカーテンがあるので壁にぴったりつけない、 家具でコンセントがふさがらないようにするなど、気を付けましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク